東京都が東京都青少年育成条例を改正するとしてからネットが喧しい。

都青少年健全育成条例改正案:成立 民主「世論」に配慮 出版業界、根強い反発

過激な性描写の漫画やアニメとどう向き合うべきかで論争が繰り広げられてきた東京都の青少年健全育成条例の改正案は、出版業界や漫画家らの激しい 反発にもかかわらず成立した。最大会派の民主は6月の都議会で反対して改正案を否決に追い込んだが、今回は、子を持つ親ら「声無き多数派」(幹部)への配 慮を優先させて賛成に回った。【石川隆宣】

ただ、どうも群盲象を語る的な印象が強いので、ここらで一端情報を整理してみようかと。
いくつかのエントリで都条例そのものとその規制内容、条例を巡る対立構造、都条例を改正する切欠となった現状の問題点を洗い出してみる。

ちなみに、この問題についてはtwitterでしばらくつぶやいていたので、俺自身の立ち位置はつぶやきから参照してくださいな。

コンテンツ

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 東京都青少年育成条例についてのあれこれ