自民党の麻生太郎幹事長(66)が8月31日、党本部でスポーツ各紙の合同インタビューに応じた。自身の幹事長就任で「(党は)明るくなるんじゃねえか」と得意の“べらんめえ調”で自信満々。党や安倍内閣の目指す方向について「『ギザかわいい』より『チョイ悪』の方がいいんじゃねえか」と、タレントの中川翔子(22)の“しょこたん語”まで駆使してみせた。
麻生幹事長インタビュー「ギザかわいいよりチョイ悪がいい」@SANSPO.COM

太郎かわいいよ太郎
( *´Д`)ハァハァ

 参院選惨敗後の難局で幹事長に就任した麻生氏。「みんな必要以上に暗いね。トップにいる者が明るくないとな。オレは元々明るいから」。ネアカ幹事長は「お国しょって歩いているんだから、もっと胸張って顔上げないと」と強調した。
(中略)
 麻生氏といえば政界きっての漫画好き。アキバ系の支持も厚い。「オタクの暗いイメージってマスコミが作った。そんなに暗いかねー」と言い、「漫画を読むと時代がよく見える」「『なんと孫六』はメチャおもしれえな」などと漫画談義に花を咲かせた。

やっぱすげーわこの人。
他紙の記事:
麻生幹事長 しょこたん語知っていた@スポニチ Sponichi Annex ニュース 社会
安倍首相は「ギザカワユス」より「ちょいワル」がいい…麻生幹事長インタビュー:社会:スポーツ報知
報知の写真が良い感じ。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 麻生太郎「ギザかわいいよりチョイ悪がいい」