asahi.com:28日から南北首脳会談 7年ぶり開催の見通し – 国際

2007年08月08日09時26分
 韓国の盧武鉉大統領と北朝鮮の金正日総書記が28日から平壌で首脳会談を行う見通しになった。複数の関係筋が明らかにした。8日午前、韓国大統領府が発表する。南北首脳会談は00年6月に金総書記と当時の金大中大統領との間で初めて開催して以来、7年ぶり。北朝鮮の核問題を巡る6者協議の進展に合わせ、朝鮮半島の平和体制の問題を協議するほか、前回会談以降に本格化した様々な南北交流事業の拡大発展について話し合う見通しだ。

28日から平壌で南北首脳会談 盧政権では初|朝鮮半島|国際|Sankei WEB

韓国政府は8日、盧武鉉(ノムヒョン)大統領が今月28日から30日まで平壌を訪問、金正日(キムジョンイル)総書記と首脳会談を行うことで北朝鮮側と合意したと発表した。2000年6月に当時の金大中(キムデジュン)大統領と金総書記の間で史上初めて行われて以来2回目で7年ぶり。盧政権では初。北朝鮮も、朝鮮中央通信を通じ同時発表した。

NIKKEI NET(日経ネット):写真ニュース”最新のニュース写真を掲載

【ソウル=池田元博】韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領と北朝鮮の金正日労働党総書記は今月28?30日、北朝鮮の首都・平壌で首脳会談を開くことで合意した。8日午前、南北が同時発表した。南北首脳会談の開催は2000年6月、当時の金大中大統領と金総書記が南北分断後初めて会談して以来、2回目7年ぶり。北朝鮮の核問題や朝鮮半島の平和体制構築問題などを協議する。韓国側は首脳会談を南北関係の発展とともに、北朝鮮の核問題を巡る6カ国協議プロセスの進展にもつなげたい考えだ。

開催はいいんですが狙いがよく分からんな。


北朝鮮の狙いは言わずもがなの援助と太陽政策継続への後押しでしょうが、韓国がこれにどんなメリットを感じてるのかがよく分からん。
6カ国協議が進展したところで韓国に直接のメリットがあるわけじゃないし、核問題もそこまで危機感持ってるようには思えないし。
盧武鉉の最後の外交得点稼ぎじゃあるまいしなぁ。
南北統一にしたって今の経済格差じゃどこをどう考えても南が北を吸収する形しかあるまいし、それを金正日が認める訳が無いだろう。
というこた結局のところ戦争でも起こらん限り統一はあり得んてのが妥当な見方なのかしら。
よくわかんねーな。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 8/28から7年ぶりの南北首脳会談開催へ