しゃっくりを止めるコップを発明したのはペンシルベニア州のフィル・エーリンガー・ジュニアさん(42)。米国で特許を取得し、インターネット上で販売を始めた。
 コップはステンレスと黄銅でできており、水を入れると微弱な電流が発生。これがのどの神経を刺激し、しゃっくりを止めるのだという。
国際時事新聞: しゃっくりを止めるコップ、米国に登場

コップに水を半分ぐらい入れて手に持ち、コップの「自分から遠い方」に口をつけて水を飲み切る。
これで今のところ100%止めることが出来てる俺には不必要な製品だな。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - しゃっくりを止める方法