世耕弘成首相補佐官は27日午後、新聞、通信、テレビ局各社で構成する内閣記者会に対し、安倍晋三首相が立ちながら記者の質問に答える「ぶら下がり取材」について
(1)原則、1日1回夕方に行う
(2)首相官邸ホームページ掲載のため政府のテレビカメラも撮影する
?と提案した。しかし記者会側は、小泉前政権時代に合意した1日2回の取材機会を減らすのは認められないと反論した。政府のテレビ撮影も「取材の場であり広報ではない」と拒否。継続協議することになった。 
(時事通信) – 9月28日1時0分更新
Yahoo!ニュース – 時事通信 – 首相への直接取材「1日1回夕方に」=世耕補佐官提案、内閣記者会は抗議

  • 1日2回の会見は国民の「知る権利」を守る上で必要
  • 会見の模様を政府のカメラで撮影するのは広報だから反対

すげぇ矛盾してね?

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - いつの間にぶら下がり取材は政治家の義務になったんだろうという