マツダは4日、スポーツ車「RX”8」をベースにした水素ロータリーエンジン車を、来年発売することを明らかにした。官公庁や企業向けに月額100万円以下でリースする予定で、21日開幕の東京モーターショーに出品する。
 マツダが独自開発したロータリーエンジンを水素かガソリンを燃料にして動かす。水素とガソリンのどちらを使うかは、運転者がスイッチで選択できる。燃料満タン時の走行可能距離は、水素のみの使用で100キロ、ガソリンのみ使用では549キロ。
マツダ:水素ロータリーエンジン車を来年発売

出る出ると言ってた水素ロータリー塔載車がやっと来年発売の目途が立ったようです。


水素のような引火点が低い物質を燃料にする内撚機関では、燃焼室と吸気室が構造的に同じレシプロエンジンよりもロータリーエンジンの方が優れていることは、理論的に自明な事だったわけですが、中低回転域での出力の弱さというロータリー特有の弱点が水素燃料を使った時により一相顕在化するわけで、実用化はともかく市販までにはまだかかるかなと思っていた矢先のこのニュース。
やるなぁ、マツダ。
ResponseにHydroRE搭載RX8の試乗インプレッションが出てました。

では、走りだそう。パワー的には最高出力110馬力。パワーピークの5000rpmを目安にシフトアップ。思っていたような、トルクの薄い感覚がない。通常走行ではまったく問題ない。3000rpm前後でのアクセルレスポンスも良い。しかも、エンジン自体の機械発生音が、ガソリン使用時と比較して低い。これなら、今すぐでも市販できるそうだ。
【マツダ水素ロータリー】最新RX-8プロトタイプに乗った! | Response.

ということで、このスペックが現行と同じ物であればガソリン駆動時の210馬力の半分しか出てないのがちょっと気になるんですが、その辺は混合比を変えるとかで対応できるのかな。
まぁ、エコ走行時とか普段乗りの時それほどパワーが必要無いってのも確かなので、今の切替え式でも十分といえば十分なんだけど、せめて走行中に切替えが出来て欲しいなぁ。
そんな感じのRX8Hydrogenですが、現在販売すると数億円の値段が付くそうで、とっとと量産して庶民にも手の届く値段にこなれてくれるといいなと期待しつつ今後のニュース待ちってことで。
参考:
エンジン
ロータリーエンジン – Wikipedia
【マツダ水素ロータリー】どうして、RX-8に搭載なの? | Response.

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - マツダ 水素ロータリーエンジン塔載車を来年発売