「V503」は、ブルーに光るイルミネーションキーを採用している製品。キートップが光るため、暗いところでもキーの判別ができる。バックライトの寿命は3000時間で、イルミネーション機能はOFFにすることもできる。キー配列は日本語109キー。キーボード上部には、ブラウザやメールソフトの立ち上げなどの5つのインターネット機能を割り当てたキーのほかに、各種メディアプレーヤーの“先送り”や“巻き戻し”など、計13個のホットキーを搭載する。キースイッチはノートパソコンなどで採用されているパンタグラフ式を採用。キーピッチは19mm、キーストロークは2.5mm。インターフェイスはUSBでケーブル長は約1.5m。サイズは460(W)×182(D)×20(H)mmで、重量は約850gとなる。価格はTSUKUMO eX.で6980円
星野金属工業からブルーに光るキーボードなど2製品が登場!

これリビング用PCのキーボードとして良さそうだな。
映画見る時とか部屋を真っ暗にして見てるから、キーボードが見づらくてミスタイプってのが少なくなりそう。
7000円はちっと高いけどな。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - ブルーに光るパンタグラフ式キーボード