民主党の暴走が止まりませんっ!
という今日のトピックは
1. 民主党のシャドウボクシング劇場
2. 今日の新日、新国
3. 目を通しておくべきサイト紹介
4. その他
という感じで。
おお。自民党関連がない(ワラ

1. 民主党のシャドウボクシング劇場

今日も豪快にハードパンチを連打しております。
明後日の方向に。
まずは民主党から奈良2区で出馬する中村哲治議員が今朝の「朝ズバッ!」に出演し、司会のみのもんた氏から 「中村さん、4人の候補者の中で一番のライバルは誰ですか?」と聞かれてすかさず
86879 B
サムネイルを表示しています。クリックすると元のサイズを表示します。
・・・有権者と戦ってどうするつもりなんでしょう。
その後あまりの珍回答にみの氏が「どういう意味ですか?」と切り返すと「有権者の皆様にいかに参加していただけるのか。これが今回の選挙の争点だと思っています。国民の皆さんが主権者として政治家を厳しい目で選んでいただくことが一番重要なんです」 とのこと。
( ,,゚A゚)?
なんかQとAが噛み会ってない気がします。
大丈夫なんでしょうか中村議員。
さてさて、一方岡田党首は今日も絶好調。

 ” 郵政民営化を争点としているが。
 ばかげている。国政選挙を郵政だけというのは首相としての見識を疑う。内政の課題は年金改革、財政の建て直しとたくさんある。郵政の優先度が高いというのは、それだけ危機感がないのだろう。これから3、4年の国の在り方を問う初めての政権選択の選挙だ。
Yahoo!ニュース – 時事通信 – 政策で政権選択訴える=「郵政」の優先度低い”岡田克也民主党代表【インタビュー】

始めて?あれ?前回も同じ事言ってなかったっけ。
気のせいかな。

この度の総選挙は、わが国初の「政権選択選挙」となりましたが、投票率がい ま一歩伸び悩んだこともあり、与党を過半数割れに追い込むことができず、政 権交代が実現しなかったことは残念です。
民主党メールマガジン DP-MAIL 第121号 2003年11月13日

・・・アレか。年中やってる閉店セールみたいなもんか。

”前回のような閣僚名簿披露をするのか。
 閣僚の任命は首相にとって最大の権限行使だ。それを安易に選挙前に出すことはしない。
Yahoo!ニュース – 時事通信 – 政策で政権選択訴える=岡田克也民主党代表【インタビュー】

( ,,゚Д゚) えええええええええええええええええ!?!?
ごめん。本気で意味がわからない。
次の内閣とかやってたのはやっぱりギャグだってってこと?
あれは次の閣僚名簿じゃなかったの?
・・・なんか色々書こうとしたけど俺の驚きがK点超えた。
民主党終了。

2. 今日の国民新党

さて、気を取り直して。
今日も反小泉に邁進する新国ですがウェブサイトに新しいコンテンツが増えてました。
公約や公募なんかのページはいいんですが、「国民の約束」ってのは勘弁してもらえませんかね。我々が約束させられるみたいでものすごく嫌なんですが。
あとロゴマークが・・・重なるうんこってのはちょっと。
で、4コマ(K点超え

3. 目を通しておくべきサイト紹介

ブログ時評:小泉郵政解散へ賛成論と反対論まとめ [ブログ時評32]
両論併記で、各派の考え方や争点が分かりやすいです。
まずはこちらで双方の意見を読んでみることを強くおすすめします。
郵政民営化法案における生田総裁の考え方について(1)
郵政民営化法案における生田総裁の考え方について(2)

(又市委員)
 生田総裁にお伺いしたいと思います。本当に大変な改革の努力をなさっておって、ずっと連日、国会に引っ張られてたいへんなことだと思うのですが、あなたは昨日も公社のままで行くのか、民営化するかは、高度な政治的ご判断だと。 
 つまり、ご自身の立場では何も言えないと仰っておりますね。
 また、4年間健全で良い公社を作るのが私たちの使命とも仰っておられます。
 これは公社のままで行くことも選択肢としてあり得るんだと、こういう意味も生田総裁の言葉の中には含んでいるという理解でよろしいでしょうか。
(生田総裁)
 現在、公社は先生の仰ったように一期4年の後半の2年に入っておりまして、公社法の枠組みと、社会的規範の枠内で、まだ改善の余地が多分にありますので、営業力パワーアップとか、購買の適正化、生産性の向上に目一杯努力してきているのですが、市場で比較すると利益率等におきまして、たいへん競争力を欠くと、こういうことは既にお話ししてきたとおりであります。
 このようなことから、これまでの答弁で、今のままで中長期に郵政事業の経営の健全性を維持しつつ国民の重要な生活インフラとしてのパブリックな役割をきちんと果たしていくためには、事業が健全でないといけませんから、適正に経営の自由度を付与していただいて、段階的にでも民間に準じた利益を上げるような形にしないといけない。
 こういうことを申し上げたわけであります。
 具体的には経営の自由度を付与していく方法といたしまして、公社のままで行くが現在の公社法は改正していただきまして、経営の自由度をかなり大きく認めていただく。あるいは、民業圧迫などの世論でこれが難しいとすれば、良い民営化をやっていただくという2つの選択肢になるのではないのでしょうか。
 どちらとするかは、高度の政治的ご判断でお考えいただきたいと、こう申し上げたわけです。
 公社のままでというのもあるわけですが、ただし健全な事業体を長期に維持するためには、それの改正というのが不可欠ではないかと思っています。
郵政民営化法案における生田総裁の考え方について(1)より抜粋

郵政公社の生田総裁の国会答弁のテキストです。
郵政公社の今後の運営を総裁として見た時に、民営化もしくは法改正によって公社運営の自由度が付加されない限り、今後苦しい運営を強いられる事になると訴えています。
公社の運営側からの意見と言うのはあまり見る事が無いですが、2年にわたり公社総裁として郵政公社の生の姿を見て来た方の意見というのはやはり目を通しておくべきだと思います。
神奈川新聞 2005 総選挙 小泉流の原点
神奈川新聞が見て来た小泉純一郎という人間にスポットを当てた短期コラムです。
小泉首相の手腕や狙いを読むためには読んでおいて損は無いと思います。
J2さんの一連のエントリ
音極道茶室: 「郵政民営化は争点ではない」と言う事の浅はかさ
音極道茶室: 郵政民営化反対派の言い分まとめ+それに対するツッコミ
音極道茶室: 小泉純一郎の人となりを示す8年前の出来事
相変わらず鋭いです。
特に最後の「小泉純一郎の人となりを示す8年前の出来事」で語られているエピソードは知らなかったので、またちょっとだけ小泉純一郎が好きになりました。
なんかまだまだ色々あったんだけど今日はこのへんで。

4. その他

 社民党の福島瑞穂党首は23日、札幌市のホテルで記者会見し、相次ぐ自民党議員による新党結成について「自民党内に多様な価値観がなくなり、危機的状況にあると宣言したようなものだ」との認識を示した。
 郵政民営化関連法案に反対した議員の選挙区に対立候補を立てる小泉純一郎首相の政治手法についても「衆院選の結果次第では、イエスマンとイエスウーマンの集まりによる政権ができる」と指摘した。
河北新報ニュース 自民は危機的状況を宣言 社民党の福島党首

と、議席数的に危機的状況久しい社民党の福島党首の談話でした。
えーと、なにこの高速ブーメラン。
危機的状況といえばもう1つの危機的政党共産党は

共産党の志位和夫委員長は23日夜、都内での街頭演説で、民主党がマニフェスト(政権公約)に盛り込んでいる衆院比例代表の定数削減について「少数政党を国会から締め出すのは、議会制民主主義に対する乱暴な挑戦だ。唯一、(少数政党を支持する)民意を反映しているのが比例代表だ」と批判した。
Yahoo!ニュース – 共同通信 – 少数政党の国会締め出し 志位氏、民主党を批判

と、ほとんど断末魔のような悲痛な叫びをあげております。
がんがれ。超がんがれ共産党。


さてさて。明日はどんなニュースがとびこんでくるか。
きっと民主党なんだr(K点超え

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 8/24の選挙戦情報