民主党の鳩山由紀夫幹事長は6日、浜松市での講演でテロ対策特別措置法の延長問題に関連し「(アフガニスタンの国際治安支援部隊)ISAFの後方支援なら議論の余地がある」と述べた。ISAFそのものへの参加は「多くの命が失われる可能性がある」として否定的な考えを示したが、物資補給や輸送などの検討を示唆した。
Yahoo!ニュース – 毎日新聞 – <鳩山幹事長>ISAF支援なら議論余地も テロ特措法問題

誰かこのウルトラバカを何とかしてくれ。
インド洋沖での給油給水作業自体がアフガニスタンに対する超後方支援だろうが。
ISAFへの参加を「多くの命が失われる可能性がある」として否定しておきながら、上陸しなければならない分給油活動より飛躍的に危険の大きい物資補給や輸送なら良いってのはどこのお花畑の論理かと。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 鳩山由紀夫のトンチンカンなテロ特措法論