去りゆく安倍晋三首相に贈る3曲。
 「無責任一代男」 俺(おれ)はこの世で一番無責任と言われた男。民意に背いて続投し、所信表明までやったのに、代表質問の直前、ハイそれまでよ。
   ◇
 「また逢(あ)う日まで」 党首会談を断られたから辞めると言っているのに周りは健康問題だ、スキャンダルだと騒がしい。こうなりゃ、また逢う日まで入院だ。別れの本当のわけは話したくない。なぜかさみしいだけ。
   ◇
 「孫」 なんでこんなに可愛いのかよ。俺は47年前、日米安保改定を成し遂げて辞めたが、テロ対策に「職を賭す」と言ったお前は結局何もしなかった。お前は若い。これからだ。でも再チャレンジだけはやめておけ。
毎日新聞 2007年9月13日 東京夕刊
MSN-Mainichi INTERACTIVE 近事片々:去りゆく安倍晋三首相に贈る3曲…

民意によって選出されたわが国の首相に対してこの言い分。
あまりに下劣。あまりに下品。
こんなのがわが国のメディアですよ。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 毎日新聞のあまりに品性下劣なコラム