民主の失言はここまで報道されないのかと心底絶望した。

民主党・さくらパパ 年金履歴の虚偽申請を「奨励」
参議院全国比例区選挙に民主党公認で立候補している「さくらパパ」こと横峰良郎氏が、年金納付履歴の確認時に虚偽の申請を奨励する発言を行いました。
この発言は7月21日夜、高知市九反田の中央公民館で開かれた同党の武内則男・高知選挙区候補との合同個人演説会で飛び出したもので、「年金なんかみんな言えばいいんですよ。みんな65歳以上の人が言って、はい私納めてましたと、納めてなくても言ってもいいと思います。言ってもいい」と述べました。
民主党は参院選にあたって「消えた年金」を解決するために「調査の上でなお納付記録が確認できない場合でも、一方的に立証責任を被保険者・受給者に押しつけずに、申し出を前提に尊重する」(民主党年金第一次緊急補償策)という政策を掲げています。
横峰氏はこの他に、「無駄遣いをやめる。高知の予算もいらない、これだけ何でもそろっているのだから、何も作らなくてよい。それを年金や児童手当にばらまきましょうや」などと述べました。
(2007年7月21日 高知民報)
さくらパパ 年金履歴の虚偽申請を奨励

刑事犯じゃねーのかこれ。(*)
プロゴルファーの父親ってだけのタレントに1mmも期待なんてしてなかったがこれはあまりに酷い。
これを報道しないマスコミはなお酷い。
こんなのを比例候補にしてる民主党の危機管理はなおなお酷い。
怒りを通り越して呆れ果てる。


*:実際に正犯が行われるまで罪じゃないのかも

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 民主党比例候補の横峯良郎氏、年金履歴の虚偽報告を勧める詐欺および有印公文書不実記載の教唆を高知で行う