民主党は「5年の時効」の撤廃をかねてから主張してきました。手続きを忘れていたからといって、これまで払ってきた年金がもらえないなんて、どう考えてもおかしいからです。
それなのに、政府は繰り返し、法律を盾にできないといってきました。そもそも社会保険庁のミスなのに時効を適用するのは間違いなのに。
参議院議員 円より子 Blog – ●消えた年金?民主党が取り上げなければ闇に?

「行政のミスで発生した場合は時効が進行しない」なんてのは見た事ないんですが。*1
いくら行政のミスであったとしても脱法行為(*2)を正当化するってのは議員としての資質を疑います。 *3


*1:(めんどいんで)国民年金だけに限定すれば時効は5年と国民年金法に書かれている。

(時効)
第102条 年金給付を受ける権利は、その支給事由が生じた日から5年を経過したときは、時効によつて、消滅する。
2 前項の時効は、当該年金給付がその全額につき支給を停止されている間は、進行しない。
3 保険料その他この法律の規定による徴収金を徴収し、又はその還付を受ける権利及び死亡一時金を受ける権利は、2年を経過したときは、時効によつて消滅する。
国民年金法

国会議員が正々堂々と法律無視を口にするとは恐れ入りましたwwww
*2:越法行為?
*3:あえて真似してみる。よく「資質を疑う」とか言ってますよねこの先生。久間とか柳沢とかに。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 民主党参議院議員円より子氏の時効に関する法律論