2007/03/21-19:50 中東外交「青い目、金髪は駄目」=人種引き合いに日本の貢献強調”麻生外相発言
 麻生太郎外相は21日午後、長崎県時津町で講演。日本独自の中東和平外交として、ヨルダン渓谷の開発を進める「平和と繁栄の回廊」構想に触れ、「米国人にできないことを日本がやっている。日本人というのは信用がある。青い目で金髪だったら多分駄目よ」と述べた。
 外相は「われわれは幸いにして黄色い顔をしている。そこ(中東)で搾取をしてきたとか、ドンパチ、機関銃撃ったとか一回もない」と語った。中東での日本の貢献を強調するのが真意とみられるが、外交と人種や外見を重ね合わせた表現には欧米などから批判を受ける可能性がある。
時事ドットコム:中東外交「青い目、金髪は駄目」=人種引き合いに日本の貢献強調”麻生外相発言

時事が発信し
さるさる日記 – 泥酔論説委員の日経の読み方
日経が記事にして

 麻生太郎外相は21日、長崎県で講演し、日本独自の中東和平外交政策に触れた中で、「米国人ができないことを日本がやっている。日本人というのは信頼がある。青い目で金髪だったら多分駄目よ」と述べ、「われわれは幸いにして黄色い顔をしている」とも語った。
 この発言を受けてAP通信とロイター通信が世界に配信、アメリカのワシントンポストを始め、オーストラリアや英・仏のメディアが取り上げている。
 ロイター通信22日付によると、日本の外務省はこの報道についてコメントできないとしている。ロイターは、麻生外務相が7月の参院選の結果によっては安倍首相の後任の有力候補と指摘した上で、最近もブッシュ政権のイラク占領作戦を「幼稚だった」と批判したことなど、過去の問題発言についても紹介している。
 人種や外見を取り上げて偏見ぶりを口にする、外務大臣としての品格が今、世界で問われている。
Ameba News|「青い目・金髪は駄目」麻生発言が海外で波紋

海外で盛り上がる。
今日も爆釣ですなwwwwww
さて問題です。
「あいつと話するのはイケメンのお前じゃ無理だ。だが、多少顔が残念な俺ならいけるぜwwwww」

ってのはイケメンに対する差別ですかね?

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - タロサの爆釣劇場 再開幕です