2007年02月28日
 大阪府茨木市で04年11月に乗用車で男女5人を次々とはねて殺傷したとして、殺人と殺人未遂の罪に問われた元新聞販売所従業員の被告(25)の判決が28日、大阪地裁であった。西田真基裁判長は「被告は『悪魔の声』と称する幻聴に命令されて犯行に及んでおり、統合失調症による心神喪失状態だった」と述べ、責任能力を認めず、無罪(求刑無期懲役)を言い渡した。被告は05年5月の初公判で「悪魔に命令された」と供述し、弁護側は無罪を主張していた。
 被告は通行人を道連れにして自殺しようと考え、04年11月18日午前6時20分ごろ、同市中穂積3丁目などで男女5人を乗用車で次々とはねたうえに引きずるなどし、自転車の会社員村田忠治郎さん(当時61)と米林和夫さん(同56)を殺害、男女3人を負傷させたとして起訴された。
 判決は、まず犯行動機について検討。被告は逮捕後、「『5人を殺さなければお前を殺す』という『悪魔の声』に命令された」と供述したが、捜査員に「それで被害者が信じると思うか」と言われ、その後の取り調べで「自殺の道連れだった」とうそをついたと認定した。
 そのうえで責任能力について、被告が中学2年時から自宅に引きこもり、00年からは新聞配達を始めたものの、04年2月ごろからは「バカ、バカという声が聞こえる」と家族に告げるなど幻聴が出ていたと指摘。公判での精神鑑定で「犯行当時、統合失調症であり、幻覚や妄想に支配され、善悪を判断する能力や行動制御能力を失っていた」との結果が出たことを踏まえ、「心神喪失状態だったと認められる」と結論づけた。
 大阪府警は当初、被告を業務上過失致死と道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕したが、大阪地検は確定的殺意が認められるとして殺人と殺人未遂罪を適用した。しかし、被告は05年5月の初公判で「(犯行動機が)自殺の道連れというのは誤りで、悪魔に命令された」と供述し、弁護側は「当時は心神喪失状態にあり、犯罪は成立しない」と無罪を主張していた。
 大阪地検の清水治次席検事の話 判決内容を精査の上、上級庁と協議して適切に対応したい。
asahi.com:車で5人殺傷の被告に無罪 大阪地裁、心神喪失認定 – 関西

<(^o^)> ナンテコッタイ
この判決は本気でダメだと思う。
「そして殺人者は野に放たれる」を読んだからかも知れないけど、こんな刑法39条濫用しまくり刑の減免の大盤振る舞いはいくらなんでもおかしいと思う。
こんな状態で死刑廃止とか勘弁してくださいとしか。

そして殺人者は野に放たれる そして殺人者は野に放たれる
日垣 隆

新潮社 2006-10
売り上げランキング : 822

Amazonで詳しく見る by G-Tools

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 自殺の道連れに5人を殺傷しても心神喪失で無罪