詳細はよくわからないんですが。

 9月に開かれた政府主催のタウンミーティングで、青森県教育委員会が内閣府の指示を受け、教育基本法改正案に賛成の立場の質問を地元の学校関係者に依頼した可能性があると、31日の衆院教育基本法特別委員会で高橋千鶴子議員(共産)が指摘した。高橋氏は、同県教委が作成したという文書を示して質問したが、事前に理事会に提出していなかったなどの理由から政府側は答弁しなかった。文書などの扱いは11月1日の理事会で協議する。
 高橋氏が問題としたのは、9月2日に青森県八戸市で開かれた「教育改革タウンミーティング イン 八戸」。小坂憲次文科相(当時)らが出席した。
 高橋氏は質問で二つの文書を読み上げた。いずれも青森県内の中学校校長にあてられた8月30日付と9月1日付のもので、それぞれ地元の教育事務所と教育政策課の作成という。「タウンミーティングの質問のお願い」と題した8月30日付の文書は「当日に(2)の質問をお願いします」などと書かれ、質問案として「時代に対応すべく、教育の根本となる教育基本法は見直すべきだと思います」などが挙げられていたという。
 また、9月1日付の文書では「発言者を選んでいただき、誠にありがとうございます」としたうえで、内閣府から「お願いされてというのは言わないでください」などの注意がある、と書いてあったという。
asahi.com:教育基本法の賛成質問依頼か タウンミーティングで – 政治

そもそも「教育基本法特別委員会で話す内容なのか」というのはさておき。
仮に内閣府から地元の教育委員会に何らかの働きかけがあったとしても

  • 出席者が文科相
  • タウンミーティングの質問コーナー?

といったことを考えれば、「質問コーナーで誰も質問しない」事態を避けるためにその日のテーマにあわせてそれなりに質問者を用意しておくってのはコーディネートとしては普通の事なんじゃないですかね。
全くの想像なんですが、「賛成の立場で」ってのは単に教育委員会が国に阿っただけの話じゃないかと。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - よくわからないんですが企画としては普通なことでは