現場から:意識薄い、いじめの怖さ /神奈川
 奈良県内の小学校に通っていた時、掃除を終えて教室に入ると、私以外の全員が着席していた。そして突然、「ジャスコ、ジャスコ」の大合唱。黒板にもチョークで「ジャスコ」▼そのころ、近くに近鉄百貨店やジャスコが入る大規模な複合商業施設「ならファミリー」ができた。友人たちはその施設全体を「ジャスコ」と呼んでいたが、熱狂的な近鉄バファローズファンだった私は気に食わず、いちいち「ならファミリーと呼べ」と食ってかかっていた▼「ジャスコ」コールを聞いて、みんなからバカにされたと思い、泣いた。だが後日、クラスの女の子から「なんで泣いたの?」と聞かれ、多くの級友は“首謀者”に「ジャスコ」と言わされていただけだったことを知った▼いじめを苦にした自殺がまた目立ってきた。いじめる側にもかかわったことがあるが、いじめたり、いじめられている時は加害者、被害者の意識は薄いものだ。だから、怖い。【池田知広】
現場から:意識薄い、いじめの怖さ /神奈川:MSN毎日インタラクティブ

寝言は寝て言えボケが。
被害者の意識が薄かったら自殺なんてするか。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - いじめでは被害者意識は薄い。