「街灯のともる路地で××議員の手が……熱いキスは5秒ほど続いた」というコメント付きで、女性キャスターとの熱愛シーンを写真誌にスクープされたイケメン議員。慌てて「不徳のいたすところ」と党役職の進退伺を出したそうだが、それほど大げさな話?
 奥方が亭主の不倫に腹を立てるのは至極当然。不倫は決して褒められたことではないが、赤の他人にとやかく言われる筋合いはない。これは極めてプライバシーの問題。取材する相手に「あなた方もジャーナリストなら、政治家の巨悪を追及したらいかが」と笑って皮肉でも言えば良いのに。
大きな声では言えないが:「通信の秘密」は今 牧太郎??話題:MSN毎日インタラクティブ

うーん。

■政治家、そして人として 問題は、多くの場合、政治家が「自由委任に値しない」と思われていることです。 私の課題もここにあります。「大学」という書に「修身・斉家・治国・平天下」と いう言葉があります。自分や家族を修められない人間が、天下国家を論じても説得 力がありません。 座談会や討論会、そして国会活動を通じて、多くのものを吸収する時間は惜しみた くはありません。同時に、30代では、自分を見つめ直す人間関係と時間を確保して いきたいと考えます。 孔子は四十にして「不惑」に達したそうです。私の「惑う三十路」が始まりました。
細野豪志の「両忘記」(りょうぼうき)[まぐまぐ!]

さてさて。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 大きな声で言えないならチラシのウラにでも書けばいいのにと思う毎日新聞