車中にナイフを隠し持っていたとして、警視庁石神井署は7日までに、銃刀法違反の現行犯で超人気漫画「DEATH NOTE(デスノート)」の作者で漫画家、小畑健容疑者(37)=東京都武蔵野市=を逮捕した。「デスノート」は中高生に絶大な支持があるほか、アニメ化され、子供たちに囲碁ブームを巻き起こした「ヒカルの碁」も同容疑者の作品だった。
 調べによると、小畑容疑者は6日午前零時半ごろ、東京都練馬区大泉町の関越道大泉インター近くの路上で乗用車を運転中、ヘッドランプが切れていたため、警戒中の署員に職務質問された。
 その際、ダッシュボードから刃渡り8.6センチ、2つ折りのアーミーナイフが見つかった。
超人気漫画「デスノート」作者、銃刀法違反で逮捕@ZAKZAK

うーん。見せしめ逮捕?
確かに銃刀法違反なんだろうけどナイフぐらい車に1本ぐらい入っててもおかしくなくね?特にキャンプとかよくする人は。

銃刀法の範疇ではない小刀やカッターナイフ、十得ナイフなどを所持しているだけでも軽犯罪法違犯として逮捕書類送検される事例が沢山報告されている。しかしその際の「正当な理由」については現場の担当官の判断に依存するなど不明確な点が多い。犯罪抑止の観点から微罪で連行するなどの目的に用いられているとおもわれるが、定住し定職をもつ善良なる一般市民に対しそのような取り扱いをすることには疑問を投げかける者も少なくない。また、書類送検されてもその後実際に起訴されることは少ない。
銃砲刀剣類所持等取締法 – Wikipedia

うーん。


銃刀法を見た感じこれに該当したくさい。

(刃体の長さが6センチメートルをこえる刃物の携帯の禁止)
第22条 何人も、業務その他正当な理由による場合を除いては、内閣府令で定めるところにより計つた刃体の長さが6センチメートルをこえる刃物を携帯してはならない。ただし、内閣府令で定めるところにより計つた刃体の長さが8センチメートル以下のはさみ若しくは折りたたみ式のナイフ又はこれらの刃物以外の刃物で、政令で定める種類又は形状のものについては、この限りでない。
銃砲刀剣類所持等取締法

で、罰則は

第32条 次の各号のいずれかに該当する者は、1年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。
1.第3条の8及び第3条の11の規定により禁止されるけん銃部品の譲渡しと譲受け又は貸付けと借受けの周旋をした者
2.第10条の8第3項の規定による命令に違反した者
3.第17条第1項の規定による届出をせず、受は虚偽の届出をした者
4.第22条の規定に違反した者
5.第22条の3第1項の規定に違反した者
6.第26条第1項の規定による禁止又は制限に違反した者
銃砲刀剣類所持等取締法

ということで1年以下の懲役か30万以下の罰金っつーことで、せいぜい数万円の罰金なんだろうけどナイフ所持の銃刀法違反や軽犯罪法違反は別件逮捕の定石だったりするんで、ヘタするとドーピングあたりの香ばしい展開になったりするのかなとか考えたりする。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - デスノートの小畑健 ナイフ所持の銃刀法違反で現行犯逮捕