私がこの「キャリモテ」の原稿を書こうと思ったきっかけは、ある女性の一言。「若い頃はね、自分を磨いていい女になればなるほど、いい男が寄ってくると思っていた。でもそれは大間違いよ。誰かもっと早く教えてくれればよかったのに」…。
 その人は一世風靡した元モデルさんで、後に起業した。顔よし、スタイルよし、センスよし、頭もよくて家柄もいい。誰が見ても非の打ちどころのない「いい女」。そんな彼女でも「納得のいく結婚」に出合うには、苦労したとか。そこで、最初のセリフが出たわけだ。「いい女になればなるほど、いい男が寄ってくるなんて大間違い」という一言に深くうなずいた私も、気がついていた。「そうだ。日本女性の進化に男性はついてこられなかったのだ」ということに。
白河桃子の「“キャリモテ”の時代」(第3回) (Working Woman キャリアセレブ塾):NBonline(日経ビジネス オンライン)

男が望まない方向に進化して男が悪いと叫ぶ。えっと、そっちの方向に需要が少ないってだけじゃねーのと。
液晶のバックライトをそれこそ車のヘッドライトかっつーぐらいまでどんどん明るく進化したノートPCを作ったものの売れなかったら「客が進化」しなかったからだ みたいな話やん。
それを日経BPがコラムとして載せちゃうあたりがもうね。


というかコメント欄が薄い薄いの大合唱ってのが予想通りで涙を誘います。
まぁ薄いわけですが。

周りの独身女性たちと話していると、「(結婚したい男性は)尊敬できる人」というキーワードが必ず出てくる。実は“負け犬世代”が望んでいるのは「男女同権」の男なんかじゃない。仕事バリバリの“負け犬世代”から見て、さらに「仕事でもそれ以外の点でも、自分よりも上の男」が好みなのだ。
 この好みは、彼女たちの母親世代から刷り込まれたことなので、どんなに女性が強くなり経済力がついたとて、刷り込みからなかなか逃れられない。この世代の女性たちは、「私たちが頑張っていい女になれば、男ももっと頑張っていい男になるはず」と期待していた。女性と一緒に男性も成長していくものと信じて疑わなかったのだ。

はいはい。男が悪い男が悪い。
と思ったら自分で書いてた。

80年代から、女性は欧米並みの先進国女性(注3)に追いつこうと頑張って自分を磨いてきた。しかし日本の男性の意識は変わらなかった。いきなり「フランス女」の“女力”を持ち、「アメリカ女」の“仕事力”がついた女性が目の前に現れたって、そりゃ「食いつき」も悪いというもの。例えば60 年代生まれの男性たちの精神は、まだそんな女性を魅力的だと思うところまではいっていない。

つかフランス女の女力とやらを持ってアメリカ女の仕事力を持った人なんて見たことねーけどな。フランスとアメリカの悪いところをハイブリッドに劣性遺伝したようなのはちらほら見るけど。田嶋陽子とか。

 そこで起きたのが「オーバースペック現象」だ。どんどん多数派になっていく30代後半の独身女性。周りを見渡すと「三高(注4)女」ばかり。高学歴、高収入、高印象(例えばルックスがいい、ファッションセンスがいい、性格がいい、料理の腕もプロ並みなど)と、3つ以上の「高」を持っている。点数をつければ80点以上の女。仕事面でもプライベートでも、磨いて磨いてピカピカの女が多い。

外見ばっかりピッカピカで中身がスッカスカなんじゃねーの?ブランド名にはやたらと詳しいくせに味噌汁ひとつ作れないような女などんだけ収入高くてもノーサンキューです。

「東京の30代男性の50%以上がシングルなんだよ」と言っても、独身女性たちが「どこ? どこにいるの?」と言うのも当たり前。お互いに、全く違うところに“棲息”しているのだ、多分。例えば女性たちが、話題のシェフが腕を振るう最新のフレンチレストランで「やっぱり生のトリュフが食べられる季節は逃せないわ」などと言っている時、シングル男性たちはマンガ雑誌を片手に牛丼を食べているのかもしれない。

ワロスwwwwww生のトリュフが食べられる季節は逃さないで婚期逃してんじゃねーかwwwwww
つーかそんな身の丈に合わない贅沢こそが婚期を逃す最大の理由になってるような気がするんだよなぁ。「xxのバッグ買っちゃった♪30万」とか正気かと。いや、買うことは構わないと思うけどこないだも買ってたやんけみたいな。
つか「やっぱり生のトリュフが食べられる季節は逃せないわ」と「夏と冬のコミケだけは逃せない」って方向性以外何一つ変わらなくね?


つーかこれ連載だったのか、っつーことで(1)から見てみたら何かもうダメだと思った。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20060424/101604/
http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20060531/103344/
http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20060825/108657/
あと過去のコラム見ようと白川桃子でぐぐったら「びんびんブルマ[JP]」とか出てきてびびった。*1

*1:本物は白「河」桃子

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 芸術的なまでに薄っぺらなライターによる恐ろしく薄っぺらなキャリモテとやら