盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は24日に開かれた龍山基地公園化宣言式で「(龍山は)清国の軍隊が駐屯して韓国の政治に干渉した地であり、その後は日本帝国主義の侵略と支配の前進基地となり、解放(日本からの独立)後には米軍が駐留して韓国の国防にあたった場所であり、悲しい歴史が刻まれた土地だ。(この場所に)侵略と支配、戦争と苦難の歴史を過去のものとし自主と平和の大韓民国を象徴する記念碑的な公園が作られる」と話した。
朝鮮日報 Chosunilbo (Japanese Edition)

id:twisted0517:20060820:1156038459
フラグ立ちまくりであります。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 酋長、反米フラグ乱立の巻