中国の上海などに無断渡航を繰り返したとして内部調査を受けていた42歳の海上自衛隊員が、けさ、自殺していたことが明らかになりました。
自殺したのは、佐世保総監部所属護衛艦「あさゆき」の42歳の自衛官で、けさ艦内で首つり自殺をしているのが発見されました。この自衛官は、中国と韓国にあわせて10数回無断渡航していたことがわかり、海上自衛隊の内部調査を受けていました。防衛庁では、海上自衛隊の別の自衛官が上海の女性と交際し、内部資料を持ち出した問題で、他にも無断渡航者がいないか調査を進めていました。
無断渡航自衛官自殺 – NIBニュース

痛ましいことです。
ご冥福をお祈りします。


元の事件はこんなの。

主張】海自情報持ち出し モラルの低下に問題あり
 海上自衛隊の1等海曹が内規に違反して内部資料を隊舎に持ち帰り、上司に無断で中国に渡航して処分を受けていたことがわかった。
 交際相手の中国人女性が働いていたカラオケ店は、在上海総領事館員自殺問題で登場した中国人女性も勤めていた。1曹は「(情報を)国外に持ち出したことはない」と情報漏洩(ろうえい)を否定している。そうであることを願うが、捜査当局は関係機関と連携して全容を解明してほしい。
Sankei Web 産経朝刊 主張(08/04 05:00)

#ソースは悉く死亡してるので産経社説から。
N速が例のごとく売国奴売国奴の大合唱になってるわけでなんだかなぁと。
着々と韓国面に落ちてるような。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 機密漏えいを疑われていた自衛官が自殺