いや、シャレじゃなく。

【タイ】1日夜、深南部の4県でイスラム過激派によるとみられる爆破・放火テロが約70件発生し、兵士1人が負傷した。
 標的となったのは、ヤラー、パタニー、ナラティワート、ソンクラーの政府機関事務所、官舎、カラオケバー、鉄道駅、コンビニエンスストア、仏教寺など。手製爆弾が投げ込まれたり、古タイヤが焼かれるなどした。
70カ所で爆破・放火、深南部で同時多発テロ|newsclip.be|タイ発ニュース速報サイト

これに伴って外務省は「渡航延期の検討」を継続してます。
タイに対する渡航情報(危険情報)の発出
タイに対する渡航情報(危険情報)の発出(地図)
バンコクとかも何気に危険なんだな。


外務省のページからタイ南部独立を目指す過激派組織があるっつーことで情報サーチ

(1)「ジェマア・イスラミア」の動向
 「ジェマア・イスラミア」は、インドネシア人らにより1993年(5年)ころに設立されたとみられるイスラム過激派組織で、インドネシア、マレーシア、シンガポール、フィリピン南部、タイ南部にまたがる広大なイスラム国家の建設を目的に、国境を越えて東南アジア一帯を活動拠点としているとみられます。「ジェマア・イスラミア」は、オサマ・ビンラディン率いる「アル・カーイダ」とも関係を有しているとされており、東南アジアに存在するイスラム過激派組織の中で、大規模・無差別テロを行う危険性の最も高い組織です。
 これまで、「ジェマア・イスラミア」又はその幹部が関与したとみられる主なテロ事件は次のとおりです。
(中略)
(3)タイ南部のテロ情勢
 タイ南部は、イスラム教徒が多数居住しており、歴史的に分離独立運動が活発な地域とされています。
 2004年(16年)1月以降、タイでは、治安当局者等をねらった襲撃事件が相次いでおり、これまでに1,000人以上が死亡したとされています。この背景としては、分離独立運動のほか、犯罪組織等による利権争い、中央政府への反発等が指摘されています。
 2005年(17年)2月及び4月には、自動車爆弾によるテロ事件や、これまで襲撃事件等が発生していた同国南部3県以外の地域の国際空港に対するテロ事件が発生するなど、これまでみられなかった手法を用いたり、これまでと異なる地域や対象を標的としたりする傾向がみられ、国際テロ組織の関与が懸念されています。
国際テロ情勢

ということで恐らくこのジェマア・イスラミア*1っつーのが今回の事件の犯人であることは間違いなさそうです。
ジェマ・イスラミア
しかしパレスチナにしろ中東にしろ東南アジアにしろ過激派組織っつーとイスラムと相場が決まりつつあるのは何でだろな。
と困ったときのWikipedia

ムスリムは本来寛容であり、他宗教を保護したり友好関係を築いていた。その当時には、アンチキリストや反ユダヤなどは存在しなかった。
しかし大航海時代以降、世界史は白人キリスト教徒を軸に周り始め、19世紀にはその立場は完全に逆転した。イスラム教徒の地は、白人によって植民地にされ、辱めを受けることとなった。
ムスリムの一部にイスラム復興の思想・運動が芽生えた。その一部が過激化している。
イスラーム過激派 – Wikipedia

やっぱり宗教戦争なわけか。
うーむ。

*1:Jemaah Islamiyah:イスラム共同体

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - タイも大変だな