■在韓米軍、2008年以降「全面撤収」 ?「韓国政府のアメリカ不信・反米主義が原因」
リチャード・ハロラン(Richard Halloran)前ワシントンポスト紙軍事専門記者は28日、ウェブサイト「Real Clear Politics」への寄稿文を通じて、「在韓米軍は2008年以降には小規模の象徴的な部隊だけ残すか、全面撤収を検討している」と明らかにした。ハロラン記者は2003年に在韓米軍縮小に最初に言及した記者だ。当時彼の記事が報道された後、米軍側は「在韓米軍の兵力規模縮小は論議していない」という論評を出した。しかし彼の記事は、やや経って事実であることが立証されたのだ。《訳者注》
(中略)
▽ソースのソース(英語)、および中央日報・東亜日報(韓国語)のURL:
http://www.realclearpolitics.com/articles/2006/07/phasing_out_us_forces_in_south.html
http://article.joins.com/article/article.asp?ctg=1000&Total_ID=2370758
http://www.donga.com/fbin/output?f=f__&n=200607310091
【韓米】米専門家:「在韓米軍、2008年以降に朝鮮半島から全面撤収へ」 …中央日報・東亜日報も報道 ★6 [07/29]

あれ?2010じゃなかったっけ?

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 在韓米軍全面撤収?