普通なら死んでるはずのアルコール濃度でケロリ運転

飲酒運転で捕まえたリトアニアのトラック運転手(41)の血中アルコール濃度が100ミリリットル中727ミリグラムと、基準値の18倍にも達していることに警察官はわが目を疑った。
 専門家によると、ほとんどの人が死ぬほどの濃度で、警察官は計測装置が壊れたかと思ったほど。だが運転手はいたって上機嫌で、これから「ビールを飲みながら朝食をとろうと思っていた」。

スゴスwwww
アルコールの比重0.8で計算すると

727mg/100ml=908μl/100ml=908/100 * 0.001 = 0.00908 ≒0.91(%)

血中アルコール度0.91%
( Д )      ゚ ゚
参考:
血中アルコール濃度と酩酊度
アルコール飲料(wikipedia)

ほろ酔いが血中アルコール濃度0.05縲ﴀ＀F0.1%、致死量が血中アルコール濃度0.4%以上といわれている。

( Д )      ゚ ゚

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 超人あらわる