週末は読書三昧だったわけで、食事作るのも面倒だったので2日間外食で済ませた。
金曜夜:旭川ラーメン 正月ヤで醤油チャーシュー麺
土曜昼:北の富士 若櫻で卵とじきしめん
日曜夜:桜亭でミックスフライ定食

正月ヤ

ここはなかなか変わっていて、ベースの味が男味噌、女味噌、黒醤油、白醤油、塩から。
スープがこってり(豚骨ベース)とあっさり(鳥、魚介ベース?)から選べるようだ。
その中から黒醤油 こってりスープのチャーシュー麺をセレクト。
54779 B
黒醤油 こってりスープのチャーシュー麺(\1,000)
黒醤油は普通の醤油のようだ。
スープはこってりとは名がついているもののそれほど重くなく、むしろ豚骨ベースとしてはあっさりしている方だと思う。
油分もそれほど多くなく、横浜家系のような背脂こってり系を想像すると少し物足りないかもしれない。
ただ、豚骨醤油スープとしてしっかりまとまった味に仕上っていてうまい。
チャーシューは焦げ目が付く程しっかり表面に焼きが入り、その後じっくり炊かれているようで非常に軟らかいながらも表面の香ばしさと混ざって非常にうまい。
旭川のラーメン屋の中でもかなり上位に入るうまさだと思う。
ただ、残念なのは今回食べたものは少し脂身が多すぎて食べているうちに飽きてしまった。
脂身の少ないものも何枚か入っていて、そちらは文句無しにうまかったので余計に残念。
メンマは一般的な水炊きメンマで、軟らかくおいしいながらも平均的か。
麺はやや細めの弱縮れ麺で、濃厚なスープとからまって非常にうまい。
白髪葱とゴマのトッピングとも相性が良く全体的にかなりレベルの高い味だと思う。
ただ、個人的には豚骨醤油と海苔の組み合わせは微妙かも。
海苔は透き通ったスープの東京風醤油ラーメンにこそ合わせるべきものだと思う。

北の富士 若櫻

ちゃんこ屋のランチタイム限定メニューのきしめん。
今回は卵とじきしめんをチョイス。
51745 B
卵とじきしめん(\735)
ちゃんこのスープをそのままスープとして使っており各種のダシが混ざったスープは絶品。
何度言っても最後の一滴まで呑んでしまう魔性のスープ。
麺は薄めでペタペタツルツルとした独特の食感が楽しい。
書いてるうちにまた食べたくなってきた(‘A`)

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 読書と食べ歩きと