無線LANを利用したワイヤレステレビ「エアボード」初代機(IDT-LF1)が発売されたのが、2000年12月。以来ソニーは、ワイヤレステレビを継続して製品開発し、外出先でも利用できる「ロケーションフリー」とブランド変更されたのが、2004年3月発売の「LF-X1」だ。
 しかし、10万円を超える価格ということもあり、実際にその利用イメージを描けた人は少ないだろう。LF-X1で「海外で国内の番組が見られます」と言われても、その機能を魅力と感じる人は、どれくらいいるだろう? 正直、ニッチ製品というのが「ロケーションフリー」に対する印象だった。
 そのイメージを一新させたのが、10月に投入されたベースステーション「LF-PK1(実売価格33,000円)」。パソコン用ソフト「LccationFree Player(LFA-PC2)」を利用して、ノートPCなどで屋外や家庭内の至る所で、テレビを視聴でき、レコーダも制御できる。しかもディスプレイが不要で、従来より大幅に安い33,000円程度の売価ということもあり、高い人気を集め、発売直後もかなりの品薄状態になった。
PSPに対応した「ロケーションフリー」を試す

これ面白そうだなぁ。
今の部屋の構造上の問題でテレビのアンテナ線を各部屋に配線することができないようになってるんで、リビング以外にテレビを置ける場所が無くて、寝室とPCの部屋でテレビを鑑賞できなかった。
そういった物理的な制限を飛び越えて設置できるってメリットはでかいな。俺の場合。
正直家のテレビをインターネット越しで見たいってのは無いんで、外向きの配信はかなりどうでもいいんだけど、実家にこれ置いておけばテレビ東京が受信できるってのはアリかもしれない。
テレ東を33000円かけて見るかっていうのは置いといて。
ボーナス出たらPSPとセットで買ってみるか。
品薄で買えるかわからんけど。
週刊 デバイス・バイキング
大河原克行のデジタル家電 -最前線-

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - テレビ放送をエンコードしてネットワーク経由で鑑賞-ロケーションフリー-