あなたは、「コーラビンと矢」というゲイリー・フォシェ(Gary Foshee)氏の作品を見たことがあるでしょうか?
コーラビンに穴を開け、そこに穴の内径より大きな幅の木の矢が貫通している物体です。
矢にもコーラビンにも切ったり貼ったりした跡はありません。
最初にこれを見たときは、ものすごく感動したものです。
この物体は、かなり以前から私を悩ませてきました。
さて、この物体は、いったいどうやって作ったのでしょうか?
不可能物体ギャラリー

これおもしれーな。
万博の不思議なもののコーランを置く台みたいなのとかちょっと作ってみたいな。
木の堀り方工夫するだけでできそうだし。
手っ取り早く鉛筆彫刻(Pencil Carving)で練習してみるか。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 不可能物体ギャラリー