ニヤリ: なんで生きてるんだろうの元になってるような気がする小説を偶然見付けて読んでみた。


スイッチを押すとき

山田 悠介 (著)

あらすじ

2030年、若年自殺者の増大に危機感を抱いた日本政府は若年自殺者を研究するために研究施設JSCを開設し、その研究のため無作為に抽出した5歳の子どもに心臓手術を受けさせ10歳になるとその子をJSCに収監した。
収監された子どもたちは自分の心臓に取り付けられた機械に信号を送り苦痛もなく死ぬ事ができるスイッチを渡され、毎日変化の無い退屈な毎日を強要される。
絶望的な状況で子供達は次々とスイッチを押していく。
主人公は看守として横浜JSCに配属され、そこで7年間スイッチを押さずに生き延びている4人の子供達と出会う。


一見して救いの無い物語に見えて、実は大いなる救いの物語なのかもしれないと考えたりする。
結論はまだ出てない。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - スイッチを押すとき