面白くなって参りました。
2chではニュー速、議員、極東、軍事、政経あたりがホットに流れて面白いです。
速報headlineから目が離せません。ワクテカしっぱなしwwwwwww
昨日今日のトピック。
・今日の郵政反対派
・郵政反対派に強力な対抗馬続々
・民主党のシャドウボクシング
・自民岐阜県連造反
・関係ないとこで大炎上

今日の郵政反対派

8日夜の衆院本会議。解散を告げる議長の言葉に、元防災担当相の村井仁氏(比例区北陸信越ブロック)は、万歳をしなかった。「異常な解散だ。何とも理解に苦しむが、信じるところを訴え、再びここに帰ってきたい」。村井氏はそう語って議場を後にし、特急列車で地元の長野県松本市に向かった。
 村井氏は「私は自民党で戦う。党の長野県連会長だからだ」と話し、小泉首相が造反議員を総選挙で公認しない方針を示していることに、強く反発する。
 県連会長として党勢拡大に努力してきた、との自負がある。県連からの推薦で公認が決まるが、「地元には十分評価していただいている」と自信を見せる。
asahi.com: 衆院解散 造反組「無所属でも」 首相批判、表情硬く – 政治

散々「郵政法案が否決されたら衆院解散する」と言い続けていた首相の言を軽く見て反対票を投じておきながら、解散されたら「理解に苦しむ」とか言う方がよっぽど理解に苦しむ訳ですが。
更に反対派の顔だった小林興起議員は相変わらずかっとばしてます。

反対派の「顔」としてこの間、民放テレビに出続けた小林興起氏(東京10区)。選挙戦では郵政民営化問題を前面に出すつもりはない。「民営化への有権者の関心はそれほど高くない。社会保障などこれからの日本をどうするかを訴えていく」
 参院での法案否決後もテレビ番組に相次いで出演し、「思った通りの大差だ」と言いながらも、表情は硬かった。強気な姿勢を崩さなかった小泉首相に対しては「権力者のおごり」などと批判しつつ、地元では選挙へ向けた準備を慌ただしく始めた。
 前回総選挙は民主党候補との差が4500票余の辛勝。今回は党公認がない上、「造反」として自民党から対立候補を擁立される可能性もあり、さらに苦しい戦いが予想される。
 衆院解散について、小林氏は「小泉首相の恐ろしい独裁政治が終わった。これが最大の成果だ」と語った。
asahi.com: 衆院解散 造反組「無所属でも」 首相批判、表情硬く – 政治

独裁政治ワロスwwww
議会制か否か以前に民主主義ってのは力の論理が働きやすく、首相であり党総裁である小泉首相の方針が政治力学的に最も大きな力を持つってのは中学生でも分かる論理だと思うんですが、小林議員には理解出来ないようでwwwww
「(郵政)民営化への有権者の関心はそれほど高くない」ってのはあながち間違ってないとしても、解散によって造反議員の動向はワイドショーネタ並の注目度を持ってる事を考えると、逆に反民営化論を軸に持って行かなければ発言に重みが出ないような希ガス。
公認は得られないのが確定的な状況で頼りになりそうなのは所属してる亀井派単独での選挙協力ぐらいでしょうが、その亀井派は

自民党亀井派に9日、激震が走った。豊富な資金力を背景に「オーナー会長」として君臨してきた亀井静香・元政調会長に対し、中堅・若手から批判・反発の声が噴出したのだ。
 「首相官邸は『絶対解散する』と言ってきたのに、『解散にならない』と甘く見過ぎた。今ごろ『何とか公認をくれ』と言っても、うまくいくものか」
 内閣府副大臣の西川公也・前議員は9日昼、首相官邸で記者団を前に公然と「亀井批判」を展開した。
 この日午後、国会近くの亀井派事務所に、会長代行の伊吹文明・元労相や谷津義男・元農相ら20人ほどが集まった。その席でも、「賛成派が(自民党から公認されない)反対派の応援には行けないし、反対派が賛成派の応援に行っても困るだけだ」との意見が出た。
亀井派内、公然と会長批判 : 総選挙2005 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

豪快に空中分解中。うはー。
んじゃ新党結成かと考えれば

郵政民営化法案の衆院本会議採決に反対した37人が一気に「反小泉」の旗印を掲げて新党結成に走り、総選挙後の政権づくりでキャスチングボートを握る。あわよくば小泉純一郎氏とは別の首相候補を担いで窶披??煤B政局の「台風の目」を狙ったそんな大がかりな新党構想は挫折した。
asahi.com: 綿貫氏「新党作らぬ」 「台風の目」狙いの構想挫折 – 政治

1日もたずに頓挫ワロスwwwww
つかこの記事面白ポイント多すぎ。

だが綿貫氏は自分のことはこう言った。
「無所属でやるしかない。公認をくれない執行部が悪いんで、別に私は悪くない

それはギャグで言ってr(AA略

東京・赤坂の全日空ホテルで午後1時から始まったその幹部会で、野田聖子元郵政相は、場違いな気持ちを抑えられないでいた。
「聖子新党でどうだ、聖子新党で」何度も亀井静香元政調会長から言われた。
だが、自民党を離れる気もないし、まだ自民党の中にいるという思いで選挙を戦いたい。新党には入らないで無所属で立候補する……。内心そう決めている野田氏は、亀井氏の言葉に聞こえないふりをしてうつむき、いたたまれなくなって退席した。

ものすごい勢いで振られる亀ちゃんwwwwwwwワロスwwwwwwwwww

 ある自民党幹部は、こう解説する。
 「亀ちゃんの火遊びが火事になっちゃったな」
亀井派内、公然と会長批判 : 総選挙2005 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

亀井議員に猛烈な終末感が漂ってます。
起死回生の手はあるのか?今後のニュースをワクテカして待ちましょう。


郵政反対派に強力な対抗馬続々

迷走する郵政反対派に対して自民党執行部は強烈な手をビシバシ打って出てます。

驚きのニュースが永田町を駆けめぐった。郵政民営化関連法案について、強硬に反対を唱え、メディアにも頻繁に露出していた小林氏に強力なライバルが立ちはだかる。小泉内閣のマドンナ的存在、小池環境相だ。
 小池氏の東京10区転出について、複数の自民党幹部が「執行部として要請し、本人も基本的に了承した」などと明らかにした。小池氏は03年11月の衆院選では、比例近畿ブロックで当選。地元は兵庫6区(伊丹、宝塚、川西市)。今回の転出には後援会関係者らと最終調整中という。
 小林氏は過去4回の当選を果たしているが、前回の選挙はわずか4000票差の当選。関係者によると、解散直前の先週末には、支持者らと綿密な選対会議を行うほど、厳しい選挙戦を覚悟していたという。9日午前には、自民党東京都連が党本部の意向とは別に、公認申請することを決めていた。
スポニチ 制裁第一弾 小林氏に強力対抗馬

小林議員の選挙区、東京10区に小泉内閣でも人気が高かった小池環境相が強力な刺客として送り込まれる見込が強くなって参りました。
前回の東京10区の選挙結果を見る限り

1 小林 こうき 81,979.000 自由民主党
2 さめじま 宗明 77,417.000 民主党
3 山本 としえ 19,338.000 日本共産党
4 しらい 栄 2,706.000 本人届出
衆議院議員選挙小選挙区開票結果

と、民主党の鮫島氏と5万票差を付けているとはいえ、自民公明の選挙協力があった前回と、選挙協力が得られない今回とでは得票数に雲泥の差が出る事は明白で、小林議員の当選は極めて赤に近い黄色信号と見るべきでしょう。
そうなると東京10区の見所は、地元に票田を持たない小池環境相と鮫島氏の一騎打ちでしょう。
さて、そんな中小林議員はというと

昔、ローマの皇帝が処刑人を猛獣と戦わせてもてあそんだのを思い出す」窶迫X政民営化関連法案に反対した小林興起前衆院議員は10日、衆院議員会館で記者会見し、自身が出馬する東京10区に、小池百合子環境相(比例近畿ブロック)を公認候補とする自民党の方針を約20分にわたり批判、怒りをあらわにした。
スポニチ 小林氏、自民の方針批判

思い出すてwwwwwwあんた何歳だよwwwwww
さてさて、派閥が分解中でえらいことになってる亀ちゃんはといえば

自民党は10日、竹中平蔵郵政民営化担当相(参院比例選出)を次期衆院選候補として擁立する方向で検討を始めた。郵政民営化法案に反対した亀井静香元政調会長の選挙区、広島6区からの出馬が有力視されている。地元県連と調整したうえで、週内にも正式決定する。同党は法案に反対した党前衆院議員37人を公認せず、対抗馬を立てることを決めている。造反を主導した亀井氏の対立候補として竹中氏を擁立することで、「郵政選挙」をより鮮明にする狙いがある。
Yahoo!ニュース – 毎日新聞 – <衆院選>竹中氏くら替え有力 亀井氏に対抗か 自民検討

自民党が竹中郵政民営化担当相をぶつけて来るとの見方が。
うはwwwwwウルトラピンチwwwwwwwwww
とはいえ、

竹中平蔵経済財政・郵政民営化担当相は10日午後、首相官邸で記者団の質問に答え、9月11日投開票の衆院選に参院からくら替えし、郵政民営化法案に反対した亀井静香・自民党元政調会長の地元、広島6区に対抗馬として立候補することが有力視されているとの一部報道に対し、「全くない。私に何の取材もなく、いろんな怪情報が飛んでいるようだが、私は参院議員だ。参院議員としての責任を果たしていく」と否定した。
NIKKEI 竹中経財相「衆院へのくら替え、考えたこともない」

本人は否定しているようですので毎日の飛ばし記事の可能性もあるんで、こっちは本決定を要注目です。


民主党のシャドウボクシング

さてさて。一人シャドウボクシング状態な民主党ですが相変わらず不思議な事をしてるようで。

民主党の岡田克也代表は9日の記者会見で、9月11日投開票の衆院選について「何が何でも民主党政権をつくって国を変えていかなければならない。民主党が政権を取れなければ、私は代表にとどまるつもりはまったくない」と述べ、政権交代を実現できない場合は党代表を辞任する考えを明らかにした。
政権取れなければ代表辞任/岡田氏、対決姿勢鮮明に”四国新聞社ニュース

小泉首相の「自公で過半数取れなければ辞任」宣言に併せて岡田代表も似たような事を言ってみたって感じか。
うん。実に良く分からん。事実上の辞任宣言?
代表がそんな事で党内はどうなのかといえば

民主党の岡田克也代表は8日、小沢一郎副代表に対し衆院選の総合選挙対策本部長就任を電話で要請したが、小沢氏は「それは代表の仕事ではないか」と応じなかった。このため同日夜に発足させた選対本部では、慣例通り代表の岡田氏が本部長に就任した。
小沢氏、選対本部長受けず 民主・岡田氏が要請 | Excite エキサイト : ニュース

いきなり足並み乱れまくり。
というか代表の求心力の無さっつーかまとまりの無さみたいなのは民主党の御家芸みたいになってきつつあって実に微笑ましいわけですが。
とはいえ、自民党に先駆けていち早くマニフェストを作ろうとしているのは確かなようで、その内容が漏れ聞こえてきています。

民主党は9日、政策担当者が「マニフェスト・選挙政策起草委員会」の初会合を開いた。柱を政府歳出の削減とし、目標値を「3年間で10兆円」とすることで一致した。
 ただ、「郵政かわし」の側面が否めない。会合終了後、古川元久政調会長代理は記者団から「重点項目に郵政が入るか」と問われ、「わからない」と言及を避けた。
Yahoo!ニュース – 毎日新聞 – <衆院選>マニフェスト策定本格化 郵政改革VS歳出削減

まぁ、郵政を軸に持って来ないのはわかっていたんですが。うん。
この内容の伴わない具体的な数字は何なんだ。
つか

「マニフェストは自民党を縛るもので、民主党はそれに縛られない」5/22のサンプロ
(岡研 ジャスコ名言集より)

とか言っちゃう民主党のマニフェストに一体何の意味があるのかさっぱり分からないわけですが。
名言集と言えば親中発言を過去繰り返して来た岡田代表なわけですがこの時期になって

 9日付の華夏時報は、今後の日本の政局について、「小泉純一郎・首相は9月、自民党内部と民主党から二重の挑戦を受けるだろう。小泉首相がたとえ政治生命を絶たれたとしても、民主党が他の政党と連合し政権を取ったとしても、すぐに日中関係を改善できるとは言いがたい」と分析。
Yahoo!ニュース – サーチナ・中国情報局 – 【中国】中国紙分析:「民主党が天下とっても日中関係改善ムリ」

ものすごい勢いで梯子を外されてます。
岡研住人としては非常にワクテカする展開で楽しいんですが。うん。
何だろうこの徒労感(ワラ


自民岐阜県連造反

自民党は自民党で、本部と地方がキナ臭くなってきました。

自民党岐阜県連は10日、地元選出の野田聖子前衆院議員らを交えて常任総務会を開き、郵政民営化関連法案で反対票を投じた野田氏らを党本部が公認せず、対抗馬を擁立した場合は、対立候補を支援しないことを決定した。
 県連の猫田孝幹事長は「対立候補は一切支援しない。地元選出の前職6人の公認申請が通ることが最優先。公認されなくても県連として公認、推薦する」と県連が前職の6人を支援することをあらためて強調した。
北國新聞:対立候補は支援せず 自民党岐阜県連

岐阜県連が自民党本部に造反する形になったこのニュース。

席上、党公認問題について猫田孝県連幹事長(県議)は「前職六人は党に多大な貢献があった。党本部に六人を公認申請する」と提案。さらに「党本部が反対者の選挙区に対立候補を擁立した場合は、党員は一切応援はしてはいけない」と述べ、一連の県連規約改正案を提出した。
 これに対し、法案に賛成した金子一義前行政改革担当相は六人の公認申請は容認した上で「党本部公認候補を応援しないと党規約違反になる。本部と県連の関係がおかしくなる」と異議を唱えた。
 しかし「県連は一致して法案に反対している。地方の声を聞くのが国会議員だ」などの意見もあり、最終的には原案通りの改正案を承認した。
中日新聞ホームページへようこそ

もはや言ってる事が良く分かりません。
なら自民党から外れれば良いのにと思う俺が間違えてるのか?
さてさてどうなる物か。


関係ないとこで大炎上

郵政法案の採決で投票を棄権した大仁田厚議員のブログのコメント欄が本日の訪問者が4000、コメント数が225を数える未曽有の大爆発炎上してます。
本人からのコメントはまだ無いようですがさてさてどうなる物か。


その他のニュース

というか結構どうでもいいニュース

あの人も、この人も”降ってわいた総選挙に、落選や失職した元議員らが復活を狙って動き始めた。あっせん収賄などで実刑判決を受け、控訴中の鈴木宗男氏(57)=写真右上=は、満面の笑みで事実上の出馬宣言。秘書給与詐取の辻元清美氏(45)もHP上で、「小泉さんの『改革』という絶叫に騙されるな」と、早くも気勢をあげているのだ。
ZAKZAK

ある意味オールスター。
うん。どうでもいいな。


さてさて。明日は何がとびこんで来るか(wktk

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 8/10の選挙戦