その理由がすごい。

海外ボツNEWS:リオが速度制限を撤廃するスゴイ理由

リオデジャネイロの道路の時速40キロの速度制限が撤廃されることになりそう。その理由がスゴイ。ゆっくり走っていると、ギャングなどにカージャックされたり、銃撃の巻き添えを食ってしまうからだ。

テラコワスwww
ヨハネスブルグスレを思い出したwwwwwww


死にたい人にはお勧めの危険な街ヨハネスブルグ@2ch
リアルGTA Ver.1.2

犯罪発生率は世界一、殺人事件はニューヨークの十倍、レイプは24秒に一回。この町の女性の三人に一人はレイプの経験があると言われている。レイプ被害者の半分が15歳以下の少女で、犯人の44%が教師、21%が身内である。おまけにエイズポジティブは国民の20%に及ぶ。0歳児ですらレイプされる事すらあった。というのも、アフリカでは処女とセックスするとエイズが治ると信じられているので、乳児がしばしばレイプされるのだ。
その中でも特に危ないと言われているダウンタウンは、人々から北斗の拳の世界と呼ばれ、町には異様な雰囲気が漂っており、十分歩けば百パーセント強盗に出会えると言われている。ここを通る車は赤信号でも無視するし、警察からも無視するように通達がされている。律義に赤信号で停車して強盗に殺された日本人は翌日の新聞で非常識呼ばわりされていた。
また、ヨハネスブルクではエンストを起こした時のために携帯電話は必需で、エンストを起こした場合はすみやかに修理屋と警察に連絡しなくてはならない。もし、ヨハネスブルグでエンストを起こして、携帯電話を持っていなかった場合、それは死を意味する。
団体なら安全だろうと歩いた八人組みのバックパッカーは二十人組みの強盗に襲われた。しかも、襲うにしてもホールドアップと言ってくれる強盗は良心的で、たいていは有無を言わさずいきなり殴り掛かったり、ナイフで刺したりしてくる。また、歩道を歩いている人を跳ね飛ばし、瀕死の重傷を負わせた後で悠々盗みを働くなんて事もあった。こんな話しを冗談だろうと思って外出した旅行者は一分後に血だらけになって戻ってきた。手ぶらなら大丈夫だろうと思って外出した旅行者は靴を取られて帰ってきた。バスに乗れば安全だろうと思ったら、バスの乗客が全員強盗だった事もあるそうだ。
宿ですら安全でなく、旅行者は当然金を持っているので、それを目当てに武装強盗にもよく押し入られた。その時、男も女も全員レイプされた。なんて話しすら聞いた。

すっげー。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - リオデジャネイロが自動車の速度制限を撤廃