新鮮さ薄れ…小泉メルマガ4周年、登録者数は長期低落 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

小泉内閣メールマガジンが14日、創刊4周年を迎える。昨年10月から「シリーズ郵政民営化」と題して竹中郵政民営化相らの談話を連載するなど、政権課題推進の“武器”として活用しているが、肝心の登録者数は、政権4年目でも依然、50%前後の高水準を維持する内閣支持率と違って、長期低落に歯止めがかからない状態だ。
 小泉メルマガは政権発足2か月後の01年6月14日、登録者78万人でスタートした。80%を超える内閣支持率を背景に登録者数はわずか3週間で200万人を突破、02年1月に227万人とピークを迎えた。しかし、同月の田中真紀子・元外相の更迭後に減少が始まり、最新の191号時点の登録者は162万人で、ピーク時の7割に落ち込んだ。

批判かどうかも微妙なこの記事。
何が言いたいんだ?


確かに発行当初のメルマガでは、首相会談での裏話とか出てて面白かったのは確かだし、最近そういった話題が少ないのも間違いは無いと思うけど。
ただ、一介の政治家のメールマガジンの登録者が162万人って凄いんじゃない?
全人口の1%近い数よ?
メールマガジンサービスを手がけているまぐまぐでの週間発行部数ランキングを見ると、1位のメルマガでも13万部。
この10倍以上の数を出してる首相メールマガジンの凄さはこんなとこからでも見れるんじゃなかろうか。
つーかこの記事の配信元の読売新聞が662万部みたいですから、首相一人で1/4弱の発行部数をたたき出してることが苦々しく思ってるだけかしら。
それでもこんな変な記事で叩こうとしても上手くいかない気がするけどな。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - なんか妙な小泉批判