なんか妙に発展してる教団に対抗するために松のありがたいおしえをUPしてみます。

  ⊂⊃
⊂⊃’く
  ノ⊂⊃  その10
(*´∀`)ノ  思い出したら感謝をささげましょう。何かに。

人はひとりでは生きられません。
生きている限り何かを食さなければならず、それは他の生き物の犠牲の上になりたっています。
あと、ひとりで生きているようでも影では誰かに支えられているはずです。友達とか家族とか同僚とか名も知らない誰かとか。
それらに支えられて毎日暮らせていることをたまには思い出しましょう。
思い出したらちょっとだけ感謝しましょう。

  ⊂⊃
⊂⊃’く
  ノ⊂⊃  その20
(*´∀`)ノ  死んでいないんじゃなくて生きましょう。

何の目的もなく昨日の延長で今日を過ごすことは死んでいないだけで生きてるわけじゃありません。
ちょっとした目標やちょっとした変化でいいんです。
どうせ同じ1日を過ごすなら意味のある1日にしましょうよ。
死ぬまで「死んでないだけ」じゃ勿体無いよ。

  ⊂⊃
⊂⊃’く
  ノ⊂⊃  その30
(*´∀`)ノ  ちょっとした優しさをもちましょう

思い出したら人にちょっとだけ優しくしてみましょう。
そしたらちょっとだけ毎日が過ごしやすくなるよ。

  ⊂⊃  その40
⊂⊃’く     五
  ノ⊂⊃  矢口隹
(*´∀`)ノ    .止  これでいきましょう。

これは京都の竜安寺にある”つくばい”の図案をAA化したものです。
四角を「口(くち)」と見て上から時計回りに「吾唯足知」で、「吾(われ)唯(ただ)足る(たる)を知る」と読みます。
これは「知足の者は貧しといえども富めり、不知足のものは富めりといえども貧し」という禅の格言から来ています。
あんまり欲張ってあれもこれも と求めるよりも今に満足して穏やかにすごしていきましょうってことです。

  ⊂⊃
⊂⊃’く
  ノ⊂⊃  その50
(*´∀`)ノ  松は見守ってません。ただそこにあるだけです。

見守られなくても大丈夫。きっと生きていける。
でもちょっと困ったときや辛いときはこっそり松に語りかけてみましょう。
いつもそこにありますから。
ちょっとだけ楽になれるよ。

  ⊂⊃
⊂⊃’く
  ノ⊂⊃ ● 
(*´∀`)ノ 教えを守ってればきっと松ぼっくりもらえるよ。

たぶん。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 松のおしえ