個人情報保護法が施行されてハードディスクの破棄にも個人情報の保護の観点から責任を持って破棄しなければいけない情勢になりました。
一見ファイルを削除したりフォーマットしたりするだけで良さそうなんですが、実はちょろっと弄るだけで削除済みのファイルを簡単に復旧することができちゃうんです。
というのは


全く関係の無いこの話題。
自分が死んだ後のハードディスク(ハードウェア)
うん。しゃれにならん。
ハードディスクの中のあんなエロムービーやら怪しげな音楽やら、書き溜めてる日記(というかメモ)やら、かなり怪しいプログラムソースやら。
これ見られたら死ぬ。2度死ぬ。
ということで。えーと。どうしよ。
とりあえずNTFSでパスワード付きでがっちり保護しとくのがええんかな。
いや。だがしかし。
駄菓子菓子。ファイル名がいきなり恥ずかしいファイルが大量に存在する件。
ぬうう。
さくらのレンタル鯖あたりを外部ストレージとして使っとけばパスワードを知られない限り大丈夫だから、ローカルに置くのをやめればいいのか。
うん。それがいいそうしようと思いつつ月1万円は若干厳しいという現実をまざまざと見せつれられた。そんな月曜日。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - HDDの後始末