ITmediaニュース:HDDライクなフラッシュストレージ、Samsungが開発

Samsung Electronicsは5月23日、NANDフラッシュメモリ技術をベースにした初の「Solid State Disk(SSD)」を開発したと発表した。
 SSDは業界最高の記録密度の8ギガビットNANDフラッシュをベースにしており、容量は最大16Gバイト。ノートPCやサブノート、Tablet PCに適した省電力で軽量のストレージメディアだとSamsungは発表文で述べている。
 SSDの消費電力は現行HDDよりも5%少なく、次世代モバイルPCのバッテリー駆動時間を10%以上延ばせるという。重さは同程度のサイズのHDDの半分以下だ。
 また可動部分がないため騒音と発熱を最小限に抑えられるとSamsungは説明している。読み出し速度は57Mバイト/秒、書き込み速度は32Mバイト/秒で、同等サイズのHDDより150%以上高速だという。

これいいなぁ。
ノートPCの発熱に悩んでる俺としてはかなり買いかも。
あと稼動部分(回転軸)0だから物理的な故障は限りなく0に近いだろうから、サーバー用HDDとしてもいいかもなぁ。
稟議降りたら会社でも使ってみるか。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - HDDライクなフラッシュストレージ