6人目が捕まる(毎日新聞)

 イラクの国際テロ組織アルカイダ系の武装グループは26日(日本時間27日早朝)、イスラム系インターネット・サイトを通じ、同国で日本人男性1人を誘拐したと明らかにし、イラク南部サマワに駐留する自衛隊が48時間以内に撤退しない場合、男性を殺害するとの声明を出した。日本政府はこの男性について「福岡県直方市の香田証生(こうだ・しょうせい)さん(24)とみられる」と発表した。事件を受け、政府は首相官邸に対策室を設置。小泉純一郎首相は27日午前、自衛隊撤退の要求について、視察先の兵庫県内で記者団に、男性の早期救出に全力を挙げるとともに、自衛隊を撤退させない方針を強調した。

本人の言動の裏が取れないのでコメントはナシで。
でも自衛隊撤退しないのは賛成。


そしてお待ちかねの5バカアワー

 カメラマン、郡山総一郎さん(32)の携帯電話には午前7時前、知人から事件発生を伝えるメールが入った。郡山さんは「ものすごい恐怖感だろう。家族の精神的ケアなど精いっぱいサポートしたい」と語る。郡山さんらが拘束された際、国内では「自己責任論」が巻き起こった。「今回の男性も多少覚悟はしていたはずだが、原因を作っているのは自衛隊。自分は運よく解放されただけ。命を救うためすぐに撤退すべきだ」と訴えた。

( ´,_ゝ`)つ[雉も鳴かずば打たれまい]
バカは相変わらずのようで。

 今井紀明さん(19)は今月8日、語学留学のため英国へ渡った。札幌市の両親らは27日午前6時過ぎ、テレビのニュースで事件を知り、「人質の家族というつらい立場を経験した者として、何か手伝えることがあったらしよう」と話し合った。母直子さん(52)は「厳しい状況だ。私が行動して何とかなるものではないが、命にかかわることなので何とかしてあげたい」と話す。兄洋介さん(24)は「僕らも経験したことなので、人ごとではない」と語り、人質事件の時の支援者らと情報収集しているという。
 高遠菜穂子さん(34)の母は「大変なことになったと思うが、今は何も言えない」と言葉少なだった。菜穂子さんは「講演会などの要請を調整している状態」という。

     .-‐ ””””””- 、
   /          \
  /  ノりノレりノレノ\  i
  i  ノcニつ ⊂ニュ ミ |
 ノ  |  <@  ミ @ヽ. | |   講演会ギャラウマー  イ   |    (o_o.    | |          ノ   !   ノ u 丶.  ! ヽ  彡  !    (つ     !  ミ  モグモグ・・  ノ   人   "    人  ヽ  ー '''"   | '''ニ='〒   "'

最近のPTSDは直るの早いですね( ´,_ゝ`)

 フリージャーナリストの安田純平さん(30)は「今回は相手が悪い。ザルカウィ氏のグループはイラク国内でも聖職者の影響力が及ばないとされており、基本的に人質は殺害するという印象が強い」と懸念する。そのうえで「現地で活動する以上、こうしたリスクを伴うことは本人も当然覚悟していたとは思うが、日本でも自衛隊の派遣継続を再検討してもいいのではないか」と話した。

意外とちょっとまともなコメント。

 渡辺修孝さん(37)は「小泉首相が自衛隊は撤退しないと話したことは、人質は殺されてもよいと受け止められても仕方がない発言で、もっと配慮がほしかった」と語った。

政府がゆれてる姿見せたら二次被害が増えるってのがわかってらっしゃらないらしい。
さーてどうなるかな。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 6人目